2018年02月27日

BL「ひだまりが聴こえるーリミットー」


ひだまりが聴こえるーリミットー

難聴の主人公を描いた「ひだまりが聴こえる」の続編です。
続編嬉しい
前回の記事はこちら→
映画化決定「ひだまりが聴こえる」
映画化決定「ひだまりが聴こえるー幸福論ー」

ざっくりおさらいすると、難聴のせいで他人とは距離を置いていた航平は、太一と出会って少しずつ変わっていき、太一もまた、自分のやりたいことを見つけて邁進していくのでした・・・・。
あ、二人は一応、付き合うことになったんでした(笑)
で、社会人になった太一と大学生の航平。
前作ではちょっとだけ(ちょっとだけ!)BLっぽくなってきてたので、二人の続報をお待ちしておりました。
どうなったかしらん

太一は相変わらず千葉さんにしごかれる日々。
むかつきながらも、千葉さんのいうことは的を得ているので、反発しながらも尊敬しちゃう感じ?
言葉はきっついけど、いろいろ考えたうえで深いところを見ている千葉さん。
トラブった太一を怒りながら助けに来るとことか、ちょっとグラッときてしまいますね
千葉さんと太一がどうにかなってしまって三角関係勃発!・・・・という妄想がつい止まらなくなってしまいますが、違います(いや、きっと続巻で・・・・)

そういうわけで、忙しい太一と航平はなかなか会うこともままならず、悶々としてしまいます。
航平のほうは航平で、いろいろと新しいつながりも生まれてきます。
そんななか、太一のじーちゃんが倒れて・・・・。
あら、BLどこいった(笑)

う〜ん、今回もよかった。
太一も航平も、悩みや葛藤が丁寧に描かれていて、二人とも(いや、登場人物全員が)すごく一生懸命生きてる感じが伝わってきます。
難しい題材ですが、安易にセンチメンタルになることもなくしっかり描かれてると思います。
おしむらくはBLっぽい進展がほぼないに等しいところですが(笑)
まあ、この二人じゃ仕方がないかな、ていうか、この二人はこれでいいかなって感じがします。
千葉さんが無理やり太一を奪っていくのを首を長くして待っていますが、まあ、それもないかな(笑)

二人には人生に悩みながらも、ゆっくり愛を育ててほしいと思います。
(あ、ほんと、ほんとにそう思ってるってば!)
しかし、ラストでは、また二人の前には乗り越えなければならない壁が・・・。
切ないです。
続きます。
続編まちです。
気になります
ティッシュを買い足して待っています。
全250ページ。
5話プラス描き下ろしショート。renta!では店頭配布用特典ペーパーつき。
ペーペーでは、ちょ、ちょっと航平が攻め様っぽくなってきて・・・・ドキドキ

続きます。

○電子貸本renta!で見る→ひだまりが聴こえるーリミットー

○ebookjapanでみる→文乃ゆき「ひだまりが聴こえるーリミットー」

○hontoで見る→文乃ゆき「ひだまりが聴こえるーリミットー」

○amazonで見る→ひだまりが聴こえる-リミット-1 (Canna Comics)

○楽天koboで見る→


タグ:切ない
posted by f at 13:13 | Comment(0) | BL>ボーイズラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: