2017年12月25日

ティーンズラブ「僕らはまだ氷河期の途中」


日生佑稀「僕らはまだ氷河期の途中」

日生佑稀さんのかわいいティーンズラブ。
日生佑稀さんの作品はほとんど短編集で、1話読みきり、とかが多くて読み足りないな〜と思うことも多かったのですが、今回は表題作カップルのお話が3話入ってます。
しかもいつにもまして胸キュンないい作品になってます。

□「僕らはまだ氷河期の途中」
>>下町の小さなパン屋さんを母と二人切り盛りするいろは。そこで働くバイトの一平君は、目つきは悪いがいろはにとってはかわいい年下の男の子で・・・・

彼氏のほうがいつもの優しげなイケメンじゃなくて見た目ヤンキーでがっくり・・・・、と思ったら、この子が意外と可愛くて味のある子でよかったんですよねえ。
素直で一途な胸キュン年下彼氏ですね。
どうやらブラコン気味なお兄さんが来たことで、一平君が学校にはなじめなくてひきこもりだったことや、意外な素性がわかってしまいます。
一方、いろはのほうも、28歳まで独身で彼氏もおらず、ずっと変わりたくない、相手に踏み込みたくない、と思っているのにも実は理由がありました。
それぞれ傷を抱えている二人がそっと寄り添っていくお話。
氷河期のエピソードが出てきますが、3話を通して、二人の凍った心が少しずつ溶けていく、そんな優しいお話になっています。
1話目は二人が恋人同士になるまで。
2話目はいろはが同窓会に出る、の巻で、これは二人がラブを確認しあうエピソードな感じです。
3話目は店に不審な電話がかかるようになり、いろはが自らの過去と向き合うことになります。
ティーンズラブってめったに泣かないんですが、3話目は思わずもらい泣きしちゃいました〜
一平君の優しさにも感動するけど、いろはのお母さんが裏でこっそり泣いてるし・・・・もうだめだった
なるほど・・・・「氷河期の途中」なんですね。
そう思うとまた泣けてきそう
応援したくなる可愛いカップルでした。
最後の4コマでは、ブラコンなお兄さんが出てきます。このお兄さん、いい味出してる(笑)
3話プラス4コマ3P。

□「その瞳に映して」
>>なるこの彼氏の鉄っちゃんはフォトグラファー。忙しい彼氏はデートもすっぽかしがちだけど・・・・。

こっちは年上彼氏。
忙しいせいで楽しみにしていたデートもドタキャン、おまけに彼は事務所を辞めたらしく海外に行くという噂まで耳に入ってきます。
何も知らなかったなるこは怒って・・・・。
うん、安定のティーンズラブな感じですね
元気のいいなるこはかわいいし、メガネのフォトグラファーの彼氏は落ち着いた感じでかっこいい。
彼氏のひげ姿が一瞬出てきますが、ひげってNGなんですね。ティーンズラブでは?
渋くて好きだけどなあ。
イケメンに限りますが(笑)
今回のフォトグラファー彼氏は似合っててなかなか良かったと思います

日生佑稀さんは絵もかわいいしハズレがないですね。
今回の一平君は今までのキャラとちょっと違ってましたがすごく好きになりました。
全164ページ。

○電子貸本renta!で見る→日生佑稀「僕らはまだ氷河期の途中」

○booklive!で見る→日生佑稀「僕らはまだ氷河期の途中」

○hontoで見る→日生佑稀「僕らはまだ氷河期の途中」

○amazonで見る→僕らはまだ氷河期の途中 (カルトコミックス sweetセレクション)

タグ:TL 年の差
posted by f at 11:35 | Comment(0) | TL>日生佑稀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: